« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

秋の夜長の単身赴任

まったく、激動の1ヶ月だった。

 今月から、私は住み慣れた土地を離れ、遠く300km離れた名古屋に住んでいる。いわゆる、転勤。単身赴任である。まあ、事前に会社から打診があった内容とは若干の乖離があり、なんとなくだまされたくさい感は否めない。ただ、なかなかどうして生活のすべてが自分の時間になるというのはよいものだ。長男が小学校へ上がる来年の春には帯同する予定なので、半年間ほど自由な時間となる予定だ。

 人によってとらえ方が違うが、転勤とは決して悪いものではない。私自身、環境に順応するのが速く、人に対して物怖じしない性格のため、違う土地でも苦にならない。転勤は、普段めったにしないことをするようになるし、めったに考えないようなことも考えるようになる。
家探しも駐車場探しも、はじめは面倒に感じるが、やってみれば楽しいものだ。借りたマンションの駐車場に空きがなく近所の月極を探していたのだが、昨日なんとなく思い立って不動産屋に電話してみると、敷地内の3番が空くという。なんという絶好のタイミング!その場で予約して、月曜日に契約することにした。部屋も新築なのに激安だったし、部屋の目の前に駐車場があるなんてすばらしい環境である。なおかつ、今までの1ヶ月分の金額でで4ヶ月も駐車できる。どれだけの節約になるか、考えただけでニヤけてしまう。

 しかしまだ妻と子供たちは大都会で生活している。子供の就園の関係で、半年間は単身赴任にしようと妻と決めた。来年からうちの息子たちは名古屋ッ子である。あの調子のいいハマッ子が、名古屋弁になるんだろうなあ、なんて考えるとちょっと妙な気分だが、もう彼の地へは戻れない、戻りたくないような気がする。

 今、来年の引っ越しに向けて、自宅をリロケーション会社に委託して賃貸化しようと考えている。まだローンも残っているため売却処分も考えたが、現状の経済状況ではタイミングが悪すぎる。慌てて売るほど生活に困っているわけでもないし、賃貸にすれば小銭も入るし、我が家のキャッシュフローもかなりの改善が見込める。さすがに青色申告とまではいかないが、来年からの確定申告では個人事業者(大家)として申告し、リフォームにかかった費用を経費として計上できるんだろうか?なんてわくわくしている。

 この半年間は、自分のこれからの人生のためにも有意義に活用できる時間だと考えている。

 さて小銭が入るようになったら何をしようか、と考えるのがまた楽しい。車を買い換えたいと考えていた矢先、タイミングよくアウディA3のマイナーチェンジがあった。国産車だとかなりの高級車が買える値段ではあるが、実は国産車にほしい車がない。さて、これからさらに家計を精査し、自動車ローン代を捻出するためのシミュレーションをしなければ。秋の夜長に独り、ニヤニヤしながらブログを書く単身赴任オヤジもなかなかオツなものなのである。

2009_audi_a3_7

New Audi A3 Sportback

最小排気量モデル「1.4TFSI」は、従来のエントリーグレード「1.6アトラクション」の後継。実は中身はVWゴルフと同じであるが、こちらの方がプレミアム感が明らかに高い。299万円から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »