« 埼玉(川口市)父親刺殺事件(2) | トップページ | 教頭先生の暴言 ~金八先生の功罪 »

外車を買おう!!

 息子達と公園に遊びに行った帰り、近所にあるフォルクスワーゲンのディーラに立ち寄ってみた。試乗しませんかと店員がしきりに勧めるので、ゴルフトレンドラインに試乗してみた。7段DSG+1.4Lシングルターボという、メカ好きには堪えられない自動車雑誌でべた褒めのゴルフ最新最安車である。

 質素ではあるが意外に質感の良い内装は好感が持てる。ハンドルも樹脂製で、GTのようなスペシャリティ感はないが、質実剛健、無駄がない。しかし「エ~!?これが250万円?!(乗出300万円也)」と思うのも確かである。国産車と輸入車には、通常、約70万~100万円の差がある。もちろん、輸入車の方が高額である。トレンドラインは国内価格が248万円、車としての適正価格は200万円だろう。たとえば198万円なら、込み込みで250万円程度だから、値引き+下取りと相談で契約書に判子が押しやすい。

 しかしである。このダッシュボードの段差はなんだ?左前の角がどこにあるのかわからないぞ?ハンドル、合皮でいいから皮を巻いてよ。Aピラーで右が見えない!!ドアの閉まる音がすごいと聞いたが、三菱コルトとそう変わらない。不満を言えばきりがないが、同格のフィットやカローラなどと比較すると、愚痴のひとつもいいたくなる。日本ではドイツ車といえど、本国ドイツじゃ大衆車。そんなにべた褒めするほどの車ではない。走り出してさらに?を感じてしまう。7段DSGが6段よりもさらによくなっていると雑誌にあった。確かになめらかで変速ショックもなく、あっという間に7速で60kmに。でもこれって、フィットのCVTと変わらない。フィットは150万円、かたやゴルフは250万円。まだ色濃く残る外車信仰、輸入車という見栄だけでさすがに100万円は出せない。

 ちなみに、三菱ギャランフォルティスのラリーアートのSST(DSGと同じ2ペダルミッション)は、ダイレクト感がすばらしく(アクセルを戻すとエンブレが効く!)、ゴリッ、ゴリッ(音もショックもないが)と寸部の隙もない絶妙なタイミングでシフトアップし、あたかも自身がスーパードライバになったような気分にさせてくれる。3000回転でトルク最大のようで、実用域からモリモリと、アクセルペダルにパワーのフィードバック(そんな機能はないが)を感じる。乗っていて「楽しさ」を感じる車である。

 コンセプトは違えど、ゴルフトレンドラインに50万円を足せばこの車が手に入るということを考えると、やっぱりゴルフは買えない。来年、新型ゴルフ(Ⅵ)が発売されるのを待って、同時に放出されるであろう現行のトレンドラインを中古で買えば180万円で済むかも?!と密かにもくろんでいる。なんだかんだいって、やっぱり燃費と最新メカ(7段DSG)には弱いのである。

いやまてよ。それまでに三菱コルトラリーアートSST仕様が出たらどうしよう、なんてのはあり得ない心配かな。

余談だが、近所のコーンズに真っ白なマセラティ グランツーリスモが展示してある。この圧倒的な存在感。超高級クーペとはかくありき、まさに一見の価値ありだ。目の保養にいかがだろうか。

U3eqp3000008b9ul_2 Maserati GranTurismo デザインはおなじみピニンファリーナ。405HPを発生する4.2LV8エンジンをフロントミッドに搭載し、これにより前後重量配分を49:51とする。お値段14,910,000円(税込)ナリ。

|

« 埼玉(川口市)父親刺殺事件(2) | トップページ | 教頭先生の暴言 ~金八先生の功罪 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456967/22748144

この記事へのトラックバック一覧です: 外車を買おう!!:

« 埼玉(川口市)父親刺殺事件(2) | トップページ | 教頭先生の暴言 ~金八先生の功罪 »