« 自尊心を育てよう | トップページ | 千葉県柏市一家殺害事件 »

世界のミフネ

「桶屋!棺桶ふたつ!!いや、たぶん三つだ」ズンズンチャ、ズンズンチャ、、、

 用心棒・三船敏郎が二人の凶状持ちを切り捨て、ジェリー藤尾の左腕を切り落とした後、居酒屋の前でおびえている棺桶屋に叫ぶシーンは、本作の数少ない殺陣を引き立てる最高の演出である。このシーンでもう、観て良かった!!と満足してしまう。現代の俳優でこんな格好イイ役ができるのは、佐藤浩市か木村拓哉くらいだろう。そうそう、用心棒の本間先生は高橋克実、卯之助は是非、阿部寛かオダギリジョーに演じてもらいたい。用心棒のリメイクは無理かも知れない(やらない方がいいと思う)が、実現したあかつきには、是非とも採用候補に加えてもらえないものだろうか。

 本作の続編とされる椿三十郎もすばらしい。2007年にリメイクされたので、そちらをご存じの方も多いだろう。三船敏郎の椿三十郎は最高である。しかし、新作の織田裕二の「椿三十郎のモノマネ」も立派なものである。ごくまれではあるが、織田裕二には三船が降臨しているのではないかというくらいびっくりする台詞回しがある。しかし、台本が前作とまったく同じであるため、台詞の言い回しにどうしても古さを感じてしまう。他の若い役者がそれなりに今時の台詞回しをするので、織田のモノマネが浮いてしまうのである。まあそう言っても、台詞でいえば前作では全く逆で、若大将と青大将が浮いていたっけ。

 演技については、冒頭、若侍を助けた後の金の無心(演技にはマッタク非がない)と、もうすぐ四十郎ですがと紹介するシーンでは、どうも青島刑事を思い出してしまう。抜群の演技力なのだが、どうしても織田裕二の人の良さが見え隠れするのである。また、半兵衛に「出直してくる」と背を向けるシーンでは、どうしても後ろの豊川悦司が「ちらっチラチラ」とやりそうな気がして笑ってしまう。

 オリジナルを大事にすることも重要だとは思うが、現代の映像技術やアイディアで、オリジナルを出し抜く作品を作ってほしいものだ。例えて三船敏郎が日本刀だとすれば、織田裕二は堺一文字の万能包丁(これはこれで大変高価)である。同じ土俵では、逆立ちしても三船敏郎や仲代達矢を超えることはできない。ただし、こうは書いてもオールキャスト。現代の最高クラスの俳優陣がそろっている。「椿三十郎」を初めて観る方は、まずはじめにこちらの新作を観ても決して損はしない。

 余談だが、レッド・サン(1971仏)という映画がある。アメリカ西部で、盗まれた大統領へ献上する為の宝刀を強盗団から奪い返す話である。なんと、三船敏郎とチャールズ・ブロンソンとアラン・ドロンが競演するというトンデモ映画である。くそまじめで融通が利かないが、めっぽう腕が立つサムライ黒田重兵衛と仲間に裏切られた強盗リンクの珍道中。「007は二度死ぬ」で、丹波哲郎が007(ショーン・コネリー)と競演したのもすごいと思うが、とうていこれにはかなわない。賛否両論、時代考証なんてくそくらえ。漢(オトコ)は黙って、刀でピストルと対峙する世界の三船たる貫禄十分の演技にクラクラしてほしい。

 そうそう。クルル曹長の「俺にいわせりゃあ」は、三船敏郎のパクリなのだろうか。知っている方がいたら、是非ともご一報ください。

|

« 自尊心を育てよう | トップページ | 千葉県柏市一家殺害事件 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界のミフネ:

» 居合刀(模擬刀)の選び方3 − 柄巻き [居合刀を選ぶ!]
居合刀を拵える上で、実用上最も重要になるのは”柄”であると私は思っています。なぜなら、居合刀を実際に使うことを考えればすぐにお分かりになると思いますが、しっかりとした見地に基づいてここがつくられていないと、操作に重大な支障をきたすからです。練習中、ましてや試合、昇段審査、演武などの場において、振っている居合刀が手を離れてしまうようなことは、万一にもあってはならないことですから、先ず滑りにく... [続きを読む]

受信: 2008年6月17日 (火) 23時35分

« 自尊心を育てよう | トップページ | 千葉県柏市一家殺害事件 »