« ブログって!? | トップページ | 俺がルールだ!? »

なんてこった!

 PentiumD805というCPUには苦い思い出がある。動作周波数は低いくせにとても熱かった。昨年の夏に依頼で一台、組み立てたのだが、これがなんとも後味の悪い仕事だった。

 一通り組み上げてから、電源を入れ、WindowsXPのインストールを始めた。SP2をあてた直後だったか、いきなりリブートがかかった。そのときは、まあよくあることだ、くらいにしか思っていなかった。それからしばらく何事もなく作業が進んだのだが、なにかを境に、いきなりリブートする回数が増えた。リテールクーラーは最高速でうなりをあげており、CPU温度をBIOSで確認すると50℃を超えている。オーバーヒートを疑ってみるが、応急処置で扇風機をあてて作業しても事象は変わらなかった。いったんバラしてから切り分けをするも、悪い部分がまったくわからない。手持ちの部材をすべて並べ、あらゆる組み合わせを試し、マザーボードを修理に出したり、新しいマザーを購入して交換したりもしたが、いっこうに解決しない。2週間もの間、かかりっきりになった。ノイローゼになったような気分で、おしまいには見るのもいやになった記憶がある。

 停滞が続いていたある日、知らずに電源を入れた女房の一言が解決のきっかけになった。

「落ちたよ?オーバークロックしてるの?」

そんな馬鹿なと、半信半疑でFSBを定格から下げてみると、あれだけ頻繁に起こっていたリブートがぴたりと止んだ。なんてこった!インテルさんよ。定格で動かないCPUなんて、ついぞ聞いたことがない。

 後日、インテルのサポートに連絡して交換を依頼した。インテルからすれば、できの悪い米粒の一つくらいにしか思っていないのだろう、快く(と思うが)交換に応じてくれた。疑う余地がないと思っていたCPUに原因があったとは、灯台もと暗し。それは、それが当たり前だという思いこみが招いた悪夢の3週間だった。一番信用していた女房から、みくだり半を突きつけられる亭主の気持ちがわかるような気がしたのは気のせいかもしれないが、世のお父さん諸君。娘の誕生日などはどうでもいい。結婚記念日と女房の誕生日だけは、ゆめゆめ忘れることなかれ。

|

« ブログって!? | トップページ | 俺がルールだ!? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんてこった!:

» Buy cialis. [Buy cialis.]
Buy cialis. Cialis best price buy online. [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 14時51分

» Cheap ambien. [Ambien cheap.]
Ambien cheap. Cheap ambien. Buy ambien online order cheap ambien now. Cheap ambien online pharmacy. [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 22時33分

« ブログって!? | トップページ | 俺がルールだ!? »