« みえないもの | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件 »

これでいいのかNHK!?

 NHKは嫌いではない。民放なら、絶対にチョイスしないネタを取り上げ、番組にしてくれるからである。NHKスペシャルの「宇宙」や「生物」は、特によい。最新(であろう)ネタをちりばめ、高価なCGを駆使し、科学番組とはこうあるべきだ!と王道をゆく。視聴率と採算の問題で、民放ではこうはいかないだろう。ただし、その分野の専門家がみた場合、私の感想とはほど遠く、辛い批評が出るかもしれない。しかしまあ、そう目くじらを立てることもあるまい。テレビ番組など、そんなものだ。

 日本放送協会は、公共放送を運営する特殊法人である。国営の放送機関ではない。かの忌まわしき受信料の徴収によって運営されている。放送法により、広告収入が禁止されているためだそうだ。受信料については、ちなみに我が家は年払いで払っている。「いないいないばあ」や「ピタゴラスイッチ」をみるためには致し方ない。そういえば、テレビはないけれどワンセグ携帯を持っている人は、受信料を支払わなくてはいけないのだろうか?

 NHKの不祥事は絶えないが(絶対になくなりはしない)、最近気になることがある。ドキュメンタリで特に思うのだが、どうも考察が薄っぺらいような気がする。要するに、なにを本題にしているのか?間違った解釈で作っていないか?というチェックがなされていないように見える。演出に明らかに推敲不足の感がある。2007年9月17日(月)にオンエアされた、NHKスペシャルにっぽん家族の肖像4「明日へのいのち~12年目の震災遺児」を見て、いいようのない不安を感じた。
《NHKのHPから抜粋》
阪神淡路大震災から12年。親を亡くした子どもたちは、成人し今、新たな家族を築く。遺児同士で結婚した夫婦が心の傷を乗り越え、新たな命を授かる感動のドキュメント。
親の愛を震災によって突然断ち切られ、そのことで親への思いを募らせてきた子どもたち。自分たちが家庭を築くとき、亡き親の思いをどのように受け止めていくのか。
出典<http://www.nhk.or.jp/special/onair/070917.html>

 震災遺児の女性が登場し、同じ遺児の男性と結婚し、子供を産み母親になるまでの経緯が描かれている番組だ。震災によって突然親がいなくなるという絶望感は、経験したものでないとわからないだろう。実際、私もわからない。だから、あの番組をみたら、震災によってそうなってしまった、かわいそうな人なんだ。でもがんばってるんだな、という気持ちになると思われる。しかし、私はそう思えなかった。彼女は震災によって心を閉ざしてしまったのかもしれないが、決して震災だけが原因ではない心の闇をもっているのである。その闇とは、なにか。

 親(もしくは、その近縁)による虐待である。

 痛みに対して異常なくらい恐怖する。昔の写真に記憶がない。自尊心が感じられない。夫に子供を堕ろすことを決めてほしい旨のメールを送りつけて不安にさせ、気を引こうとする。家族感の喪失。典型的なアダルトチルドレン(AC)※である。後半、産み終えた後の彼女の叫びは(演出が意図しているであろう)震災遺児としての彼女自身の叫びではなく、彼女がパニックに陥った時に出現するインナーチャイルドの叫びなのである。ちょいと知識がある人ならすぐに気がつく彼女の特質を、震災遺児というオブラートで包んで、白日の下にさらしているのだ。その無神経さにゾッとした。いったいなにが感動だというのだろうか。震災遺児を不幸に見せるための悪質なキャスティングと演出。これははっきり言って震災遺児のドキュメンタリなどではない。天下のNHKさんよ、本当にこれでいいのか?

 今し方ニュースで、父親をオノでメッタ切りにした16歳少女の事件を聞いた。彼女もまた、ACである。このヨノナカ、ACでないひとを探す方が難しいのではないか。時として家庭は、外界から完全に隔離された、治外法権の牢獄となる。その牢獄には「親」という暴君が居座っている。暴君に絶対服従しなくてはならないかわいそうな子供たちの叫びは誰にも聞こえない。滝川クリステルはきれいだなあ、なんて悠長なことをいっている場合ではない。私もそんな親にならないように、息子たちを愛情いっぱいに育てなければならない。今一度、パンツのゴムを引き締める、秋の夜長であった。

※アダルトチルドレン、インナーチャイルドは、wiki等で調べてほしい。

|

« みえないもの | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

同じくドキュメンタリーを見た者です。
確かに彼女の症状はACのようでしたね。しかしそれだけで「親(もしくは、その近縁)による虐待である。」と断言するのはどうかと・・・。幼い頃に精神的にとてつもなく大きな衝撃(この場合、震災で両親を亡くしたこと)を受け心に傷を負ったから、そしてそれが未だに癒えてないのだと私はとりましたが・・・?

NHKの肩をもつ気はさらさらないのですが、特に感動を煽るような演出もなかったように思います。
ただひたすら考えさせられるものでした。

投稿: 通りすがりです。 | 2007年9月20日 (木) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これでいいのかNHK!?:

» 滝川クリステルの新人時代のお宝動画☆ [YourFileHost you tube アイドル 女子アナ お宝動画]
滝川クリステルの新人時代のお宝動画です☆ 今とは違ってまだおどおどしてます。この頃は初々しいですね♪ 動画の中で「フランスに帰る?」とまで言われてます(笑) 動画の中でフランス語で天気予報を言う場面があります。 さすがに饒舌です。全くわかりませんが・・ これからも落ち着いたニュースキャスターとして頑張って下さい♪ <滝川クリステルのプロフィール(Wikipe ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 02時16分

« みえないもの | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件 »